住所録データを作成する

住所の一括登録手順 住所録テンプレートをダウンロードする 住所録データを作成する 住所録データをアップロードする
このページでは、住所録データの作成方法について説明します。
  • ダウンロードした住所録テンプレートを、エクセルで開きます。
    (住所録テンプレートには法人用と個人用がありますので、両方のデータを登録される場合は、それぞれの住所録データを作成してください。)

  • 注意事項を必ずご確認いただき、入力例に従って、NO1よりご入力ください。
    ファイルが横に長くなっておりますが、画面右側にも入力項目がございますので、スクロールしてご入力ください。

    テンプレートファイルの入力項目一覧と説明はこちら
    ● 個人用の住所録テンプレートは、「名前(姓)」、「名前(名)」、「郵便番号」、「住所1」が入力必須です。
    ● 法人用の住所録テンプレートは、「会社名」、「郵便番号」、「住所1」が入力必須です。

    ※ セル内での改行は無効(半角スペースに変換)になりますので、使用しないでください。

    ※ データを正しくアップロードできなくなるので、列の削除や追加は絶対に行わないでください。

    すでに別の住所データをお持ちの場合

    会社や個人で作成されたエクセルやcsvの住所リストなど、別フォーマットのデータをお持ちの場合や、市販の宛名ソフト(筆まめ・筆王・筆ぐるめなど)をお使いの場合は、データを項目ごとに貼り付けて住所録データを作成してください。
    詳しくは、以下をご確認ください。

    すでに別フォーマットのデータをお持ちの方へ